生き方
 メキシコの小さな漁村で地元の漁師が朝に魚を水揚げして仕事を切り上げて帰ろうとしていると、その様子を見ていた観光客でアメリカのビジネススクールの教授が言った。
教授「どうしてそんなに早く仕事を切り上げるんだ?もう一度船を出して魚を捕れば、もっと儲かるぞ?」
漁師『いやいや旦那。家族を食べさせるのと、少し売るには十分な収穫です。売ったら家に帰って妻と昼ごはんにして昼寝して、それから子供と遊んで、晩御飯を食べたら飲み屋で少しテキーラを飲んで、友達とギターを鳴らして・・・それで俺には十分ですよ』
「俺は有名なビジネススクールの教授なんだ。よく聞けよ。午後も漁を続けたら簡単に収穫は2倍に出来る。それを売って金を貯めたら大きな船を買って船員を雇える。そうすれば収穫は4倍になる。1,2年後にはもう一隻船を買って船員を増やせる。このビジネスプランで6,7年後には大きな漁船群のオーナーになれるぞ。そうしたらロスアンゼルスにでも事務所を開いて会社を上場させて・・・億万長者になれるぞ!」
『・・・それで旦那、そんな大金をどうやって使えばいいんですか?』
「・・・・・・・それはだな、アミーゴ。そうなればもうあくせく働く必要は無い。美しい静かな漁村に家を買って、小さな船を買って、のんびり好きな時に少しだけ漁をして、毎日奥さんとのんびり昼ご飯を食べて昼寝して、子どもたちと遊んで、晩御飯のあとは近所の酒場で友達とギターを鳴らしながらテキーラでも飲んで暮らせばいいさ。」
『・・・・旦那、俺それもうやってるんですけど。』
どう思う?
なんだか笑い話やけれども、ひと笑いした後でワタクシいっちゃんは、「う~む」となった。 自分は違うなぁ、と。
この漁師さんはコレで幸せなのやろうと思う。
けどけどけどけどけどけど・・・・ 漁船群のオーナーなりたいわ(^^)/
いっぱいのカッコいい漁師さんの腕の見せ所となる船をどっさ~っと買って 自分の会社の港にずら~~~っと並べてよしゃ~~~!っと漁に出て 大漁!大漁!大漁!!!みたいな世界に憧れるなぁ~~。
どうだい?アミーゴ!?

インフィニィトの母いっちゃんのブログカテゴリの最新記事