たいせつ

神戸新長田のメンズ専門美容室infinitoの母ちゃんこといっちゃんのブログ153日目

ある写真館を営んでいる89歳のおじいさんが
老齢のせいで圧迫骨折をして入院してしまった。
おじいさんは奥さんと二人で60年前から写真館で近くに住む
たくさんの人の家族写真を撮ることで慕われてきた。
その人の普段の自然な表情を温かく写し出してくれるご夫婦にほれ込んで
毎年家族写真を撮りに来る人もいた。
また、一人の人物の内面を浮かび上がらせるような肖像写真を撮ることもしていた。

おじいさんは体力がかなり弱ってしまい、食べることもひとりで出来なくなったが
どうしてもやっておきたいことがあった。
60年一緒に寄り添ってきた妻の肖像写真を撮ること。
奥さんは、撮影をすることで元氣になってくれたら、と
綺麗に髪を整え、おしゃれをして病院に行き、
おじいさんは車椅子に乗ったままシャッターを押した。
ホンマはしんどくて動くこともままならないのに
その撮影の時はイキイキと元氣になっていた。

「一番大切なこと」
人間、暮らしていくのにお金は要るし、やらなければいけないことがある。
だけどもし、あのおじいさんのような状態になったら
どうするだろうか。
何人もの人の写真を撮ったのに、一番大切な人の写真を撮っていなかった。
それを果たしたことでおじいさんとおばあさんはとても幸せそうだった。

一度入院したつもりになって考えてみた方がいいかも知れない(^^)

153日目。

インフィニィトの母いっちゃんのブログカテゴリの最新記事