口癖

口癖
狐嶋 和美·2018年2月2日(金曜)
 「自分の癖」っちゅうもんは自分ではなかなか氣ぃがつかんもんですな。
そんかし、「他人の癖」っちゅうのは氣になって氣になってしゃーなくない?
(「そんかし」=わかる人にはわかる(笑))
姿勢の癖、変顔(?)する癖、表情の癖、態度の癖・・・・そして「言葉の癖」!
 ワタクシいっちゃんはこの「言葉の癖」に注目してみた。
何かを言いかけてもすぐに、「あ、まぁ・・・いいです」と言う。
「なんか」をやたら言う。(いっちゃん)
「・・・っという訳じゃあないですけど・・(笑)」
初めに「え~~~~~っと・・・・」と必ず言う。(コレもいっちゃん)
やたらと早口になってしまう。
「ホントですか!?」「・・・な氣がします!」
「私なんかは○○やけどね!(笑)」
「言うたら○○なんやけど・・・」
「○○の部分で・・・」「みたいな。」「なんだろ」
「ちゃうんですよ」「結局のところ・・・」「いや~・・・」
「ヤバいっすね!」「ですよね~」「凄いデス」「ていうか」「変な話・・・」「逆に」「無理!」「あ~しんど」「どっちでもいい」「ままままままま(笑)」・・・・・
 一回周りの人に、自分の口癖やよく言う言い回しでどんなんがあるか訊いてみて自己分析したら面白いと思うよ(笑)
自分も含めてみんなそれぞれいつも言う言い回しや口癖があるものだが、癖になった原因があるはずやと思う。
そして、その口癖が必ずしも悪いという訳ではないけど、人に指摘されたら嫌~~な氣持ちになることが多い。
その嫌~~な氣持ちになった時は
「今、自分はなんで嫌な氣持ちになったんやろ!?
なんでだろう~?なんでだろう~?なんでだなんでだろう~~?」と問うてみる。
人に見透かされたから?
小さい人間やと思われるから?・・・・
ほんなら、なんで小さい人間と思われたら嫌なんかな?
なんで?なんで?なんで・・・・・・・?
 この続きはまた、ゆっくりと「いっちゃんと人生を語る会」にて(笑)

インフィニィトの母いっちゃんのブログカテゴリの最新記事